自賠責保険と任意保険の関係を教えてください。

交通事故を起こしてしまった加害者は被害者の損害を賠償する責任を負います。
もっとも,通常はそのような場合に備えて保険に加入しているので,保険会社が加害者に代わって支払いを行うケースが多いでしょう。
では,強制加入の自賠責保険と任意保険の2つの保険に入っている場合,2つの保険はどのような関係に立つのでしょうか。

<被害者請求>
まず強制加入である自賠責保険は任意保険に先立って支払いをします。被害者が直接相手の自賠責保険に請求することを被害者請求といいます。
ただ,自賠責保険は最小限の補償をするのみなので,損害がすべて補償されるとは限りません。
そこで,自賠責保険で賄えない部分を任意保険が負担します。

例えば,全損害額が170万円であった場合を考えます。本来の損害額は裁判をしたとき認められる金額です。
自賠責はあくまで法令で決まった自賠責基準でしか支払いをしませんので,全損害の支払いがされるとは限りません。このケースでは自賠責基準の損害額は70万円と算定されました。
自賠責によって賄えなかった部分は加害者(加害者側の任意保険会社)へ請求することができます。
ちなみに怪我の場合,自賠責の支払額は120万円が上限となります。
被害者請求をした場合のお金の流れ

<一括対応>
しかし,被害者が自賠責保険と任意保険の両方に請求をするのは煩雑です。
そこで,任意保険がついている場合,最初から任意保険がすべてを支払ってくれることが多く,これを一括対応とよびます。
一括対応をした任意保険会社は後で自賠責保険に対し自賠責保険の負担分を請求をするので,結局は同じことになります。

一括対応をした場合のお金の流れ

保険会社の支払い基準の理由

ここで注意していただきたいのは,保険会社とすれば,もし被害者との示談で損害額を70万円と合意することができれば自社負担分はなくなるということです。
したがって,保険会社はしばしば自賠責基準の範囲内かそれに近い金額に損害額を抑えようとするのです。