後遺障害とは

交通事故によって治療しても治らない障害が残ってしまった場合,それを後遺障害と呼んでいます。
一般には後遺症といいますが,交通事故賠償の場面では後遺障害という用語が使われています。

自賠責法施行令では「傷害が治ったときに身体に存する障害」というふうに定義されています。

治療を続けていくなかで,症状が残っているもののこれ以上治療しても改善が見られない状態となれば,その時点で症状固定となり,残っている症状が後遺障害に該当することになります。
症状固定という用語も,交通事故賠償の用語で医学の用語ではありません。
賠償の問題をうまく整理するための概念です。

交通事故の賠償問題では,治療して治るものと治らないものを分けて取り扱っており,治らないものが後遺障害となるわけです。

症状が残れば必ず後遺障害が認められるか

治療しても治らない症状が後遺障害になると書きましたが,症状が残っていれば直ちに後遺障害として認められるかというとそういうわけではありません。

後遺障害に該当するかはあらかじめ決められた基準にもとづいて判断します。基準は労災の後遺障害認定基準が借用されていますが,全く同じではありません。
実際には大量の事件を処理する関係で,よくある障害については定型化された処理がされているものと想像されます。

症状固定が境目

治療して治る部分が治って,治らない部分が残った,その時点が症状固定の時期です。

症状固定後の治療費は原則損害として認められません。治療して治らない障害をいくら治療しても無意味だからという考えが前提にあります。
実際には,症状固定後も治療を受けないと体が辛くて生活できないという方もしばしばおられますが,その分を治療費として請求することは極めて困難です。

休業損害も,長くとも症状固定までで打切りとなります。障害が仕事に影響する場合は逸失利益の問題が生じます。

後遺障害の永久残存性

自賠責は,後遺障害は一生治らないものという前提にたっているようです。

失明してしまった,指を失ってしまったというような場合を想定すると,それで問題ないようにも思えます(もっとも将来的には再生医療の進歩によって治るようになるのかもしれませんが)。
ただ,むち打ち症や精神疾患などの場合は一生残ると決めつけてよいのかという問題があります。

自賠責の立場では,一度ある後遺障害を認定されると,同じ部位に同じ後遺障害を再度認めてもらうということはできないこととなります。

既にあった後遺障害が,事故によってさらに重くなってしまったような場合は,加重障害の問題が生じます。自賠責では重くなった障害の保険金から既にあった障害に対応する保険金を差引いて支払いがされます。

後遺障害の賠償

治らない障害,すなわち後遺障害が残ってしまったことに対する賠償は別途請求する方法があります。
詳しくは 後遺障害が認められるとどのような補償が受けられますか? をご参照ください。

平均治療期間