全ての症状を医師にしっかり伝えましょう。

例えば,肩と腰が痛くて,手が少ししびれていて,頭痛があるという場合なら必ず全ての症状を伝えて診断書に記載してもらいます。
このうち診断書に書き漏らしている部分があったりすると,のちのち症状があったかどうか問題になったとき不利になることがあります。

レントゲンやMRIの撮影をしましょう。

レントゲンの撮影は診断に必要なだけでなく,レントゲンの撮影がないと相当軽微な負傷であったと後々みなされてしまう可能性があります。
MRIの画像は後遺障害が残ってしまったような場合,重要な資料となることがあります。

通院は継続して定期的に通いましょう。

長い治療中断があると症状が改善したとみられてしまいます。
忙しくても症状があるならば時間を見つけてまめに通院した方がよいでしょう。

検査を受けましょう。

むち打ち症の場合,治療の経過に応じて神経学的検査をしておくと,後遺障害が残ってしまったときに有用な資料となることがあります。

症状が重い場合は,患者側から検査をしてもらうよう頼んでもよいでしょう。