整形外科への通院が基本

事故に遭ったらまず整形外科で診察を受けましょう。
整骨院等ではそもそも診断を受けることができないので,事故によって負傷したことを証明するのが困難になります。また,整骨院ではレントゲンを撮ることもできません。

その後も整形外科には必ず定期的に通院してください。

整形外科は医師ですが,接骨院・整骨院は柔道整復師です。治療の必要性や休業の必要性,後遺障害の有無など,治療について重要な事項は医師の診断が基準となりますので,整骨院に通っている場合でも定期的に整形外科で診てもらうことが必要です。

整骨院に通う場合は医師の同意をもらう

整骨院に通うのであれば,最低限,医師にその旨を告げて同意をもらっておいた方がよいでしょう。

同意書,紹介状があれば理想的です。

整骨院と鍼灸院

整骨院・接骨院は柔道整復師という資格ですが,鍼灸師は「あん摩・マッサージ・指圧師,はり師,きゅう師」という別の資格です。

鍼灸院の治療費は自賠責でも認められないことがあるので,注意が必要です。

整骨院の治療費

整骨院の治療費は,施術部位が病院の診断書と合致していれば自賠責で認められる傾向にあり,また慰謝料の算定にあたっても整骨院への通院が通院回数にカウントされます。

相手の任意保険が治療費を払ってくれている場合はそのまま問題なく示談になるケースも多くあります。

しかし,本来は整骨院の治療費が当然に認められるとまではいえません。
裁判などで整骨院の治療の必要性を争われると,治療費全額が必ず認められるとは限らないのです。

整骨院に通う場合は最悪自腹になるリスクがあることを理解しておく必要があります。