治療が認められるのは症状固定まで

治療がいつまで必要か,医学的な判断するのは医師です。
したがって,医師が治療の必要を認めているならば,治療を継続すべきはずです。
もっとも,交通事故の賠償の場面では,治療を続けられるのは治療によって症状の改善が見込める場合に限られます。
痛みがあっても治療によってそれ以上よくならないならばそれは後遺障害の問題となります。
このように,治療しても症状が改善しない状態になることを症状固定とよびます。

自分の症状がまだ治療によって改善されるのか,それとも改善が見込めず症状固定となっているのか,主治医に診断してもらう必要があるでしょう。

ちなみに,裁判になった場合,症状固定がいつかを判断するのは裁判官です。医師の診断は,裁判官が判断するための資料(証拠)という位置づけになります。
究極の判断権者は裁判官というわけです。

交通事故による負傷の平均治療期間

保険会社の内払い

医師がまだ症状固定ではなく治療の必要があると言ってくれているのに,保険会社が強硬的に治療費の支払いを打ち切ってくることがあります。

では,保険会社に支払いを再開させることはできるでしょうか。
保険会社が示談前にもかかわらず治療費を払っているのは「内払い」といって,保険会社のサービスにすぎません。被害者から保険会社に強制的に請求できるようになるのは,示談等で賠償額が確定した後に限られます。
したがって,示談前の段階で保険会社に治療費の支払いを強制することは理屈の上では難しいことになります。
ただし,医師の協力が得られるようであれば,保険会社に対し粘り強く交渉することで支払いを再開してもらえることもあります。

打切り後の対応

保険会社に治療費の支払いを打ち切られてしまったら,健康保険に切り替えて治療費を立て替えながら通院を続けるのが現実的でしょう。
その場合,保険会社は治療の必要はないとの立場ですから,後々治療費の支払いをめぐって問題が生じる可能性があります。
医師と相談して治療効果があるのかよく確認し,診断書などにその旨をしっかり記載してもらいましょう。