必ずすぐに病院に通ってください。

怪我が事故によって生じたものかどうか,本人以外の第三者には必ずしも明らかではありません。
ではどのようにしてその怪我が事故によって生じたものか判断するのでしょうか。
事故直後に救急搬送されたような場合であれば救急の医師の診断が基準となります。
救急搬送されなかった場合は,事故から最初の診断までどれくらい期間が開いているかが重要なポイントとなります。
事故によって怪我を負ったのであれば,事故からそれほど期間を開けずに病院に行くはずだろうという考えが前提にあります。事故からかなりの期間たってから通院するケースの中には,保険会社ともめだしたから通院したといったようなケースもあるからです。
もっとも,実際には事故から症状がでるまで時間がかかるケースもありますので一概に言い切ることはできませんが,いずれにせよ通院は早めに開始すべきです。

事故のあと通院開始まで期間が開いた場合には,事故とは無関係の症状とされて保険会社が治療を認めないことがあります。
また,保険会社に治療を認めてもらった場合でも,初診日が遅いと怪我と事故の関係が不明確となり後遺障害が認められにくくなります。