事故にあってしまった場合は必ず警察や保険会社に届け出ましょう。
交通事故にあったときに警察に通報することは道路交通法上の義務です(72条1項)。
警察への届出をしないと事故が公的に認知されず,事故証明書の発行を受けることができなくなります。事故証明書がなければ事故の発生そのものの証明すら難しくなります。他にも,事故証明書には相手の連絡先や,相手が加入している自賠責保険も記載されており,その後の手続きで常に必要になる重要書類です。

また,保険会社への届出をしないとせっかく加入していた保険を利用できなくなることがあります。

その場で大きな問題がないように見えても,後日相手が不当な要求をしてきたり,あるいはこちらに気付かなかった車の故障や怪我の症状がでるかもしれません。そのようなトラブルをさけるためにも,関係機関への届出を怠らないようにしましょう。