保険会社から示談金の提示を受けたら弁護士に相談しましょう。

保険会社の提示

治療・後遺障害の認定が終了すると,保険会社が事故に関する損害賠償として示談金の提示をしてきます。
その際に過失相殺や既払い金の精算もなされます。
保険会社の提案に同意する場合,承諾書類を返信すれば示談金が指定口座に振込まれます。

しかし,その示談金は適正な金額なのでしょうか。
保険会社の提示が適正なのか一般の方が判断することは困難です。
そこで多くの方が,なんとなく大企業である保険会社が計算したものだから間違いないだろう,あるいは金額が適正かわからないがお金のことをあまりしつこく言いたくないなどと思って,保険会社の提示に同意してしまいます。

適正な示談金額とは

実は,損害賠償の額というのはある程度客観的に算出できるものです。
保険会社の提案が適正な金額に不足しているのであれば,毅然とその点を指摘して,正当な賠償金を受け取る必要があります。
損害賠償は事故によって受けた損害(精神的苦痛を含む)を補てんしてもらうため法律が認めているものですから,正当な金額を受け取らないと損害が回復されないままとなってしまいます。
法律用語では加害者が賠償金を負担することを指して「損害の公平な分担」と呼んでいます。

弁護士にご相談下さい

当事務所では保険会社の提示をお持ちいただければ,その金額が適正なものであるか無料で診断致します。
また,仮に弁護士に頼んだ場合,どれくらい賠償金が増額するか,弁護士費用がどれくらいかかるか,その時点での見立てをご案内します。

相談後に依頼するかはまったく自由ですので,保険会社からの提案を受け取られたら一度弁護士にご相談下さい。